経営支援の情報ポータルサイト / I T 活 用   / 業種で探す / 製造 / 統合生産管理パッケージ「CS-PRODUCT」

統合生産管理パッケージ「CS-PRODUCT」

生産管理業務をトータルにサポート。 多品種少量生産対応、在庫レス生産『フレックス・チェーン生産方式』を採用

cs_product

製品概要bar001

  • 分   類   生産管理システム
  • 価   格   ・パッケージ本体価格
                加工業向け・・・
                     CS-PRODUCT/Process Edition \3,000,000
                組立業向け・・・
                     CS-PRODUCT/Assembly Edition \5,000,000
            ・別途 導入費用(導入規模により御見積)、
                 カスタマイズ費用など
  • 使用環境   ○サーバー
             Windows NT Server 4.0 / 2000
            ○クライアント
             Windows98/NT/2000/XP
            ○データベース
             Oracle
  • カスタマイズ 可能
  • 販売地域   国内:東日本・西日本(主に本州)
            海外:中国(北京・上海)、フィリピン
  • 企業規模   大規模/多事業所向け(100名~)

 

会社概要bar002

  • 会  社  名  コスモ・コンピュータ・ビジネス株式会社
  • 創     業  1981年(昭和56年)4月
  • 資  本  金   4,800万円
  • 担 当 者 名   宇田川晃一
  • 住     所   〒220-0004
              神奈川県横浜市西区北幸2-15-1 東武横浜第2ビル
  • 電     話   045-322-8021
  • F  A  X    045-322-8026 \
  • メールアドレス ccb-csproduct@ccb.co.jp
  • U  R  L   http://www.ccb.co.jp/
 

bar003

b011

製造工場における、生産管理業務全般(受注管理、生産計画、購買外注管理、工程管理、在庫管理、出荷管理、原価管理など)
※販売・経理システム連携、生産スケジューラ連携 等も可能です。

b011

安価に短期導入を実現する生産管理ソフトです。業態別の2モデル構成で広範な業種にフィットします。更に多言語(中国語・英語)対応しており、海外サポート拠点も充実しております。

b012

顧客ニーズにフレキシブルに対応した、生産管理のご運用を可能とし、工場運営全般にわたる業務の効率化及び精度向上、並びに意思決定の迅速化と顧客満 足度の向上。

b015

製造業(主として中堅・中小企業)を想定しております。
売上規模30億~300億/年社員数100名以上業種製造業(主に組立業、加工業)。

b015

工場運営全般の効率化や生産管理業務の見直しを前提として、コンピュータシステムの構築・再構築を検討されている企業。

b016

管理部門、生産管理部門、製造部門、購買部門、等々モノ作りから工場経営に関わる方まで。

b018

導入業種例
素材加工業・・・ バネ・スプリング、ボルト・ナット、 建築用資材(ボルト・杭)、 医療用器具、介護用シミュレーター、 眼鏡用部品、ワイヤーロープ、 ゴム成形品、化粧品、プラスチック成形品、 飲料 等
組立加工業・・・ 抵抗器、計測機器、表示版、医療用測定機、 センサー、自動車部品、OA機器、無線機、 電源装置、科学模型、電子制御装置 等。

b018

あります。納入後半年間に発生した不具合は全て無償にてサポート致します。それ以外の操作・運用に関わる問合せは、年間保守契約(有償)によりフリーダイアル/E-Mailでのお問合せが可能です。なお、リモートメンテナンスを基本としており、遠隔地でも迅速な対応が可能です。

b020

マウス操作はもちろん、ファンクションキーなどを使用したキーボードのみのオペレーションも可能です。伝票入力時などには、バーコードリーダからの読込みも可能です。

b021

可能です。Fit&Gap分析により、標準機能でご運用いただけるかどうかを判断し、必要に応じて別途費用をいただくことにより、カスタマイズを致します。

b021

十数年にわたりオーダーメイドの生産管理システム構築を手掛けており、その蓄積されたノウハウの集大成として、比較的安価に導入できるパッケージ化を検討しました。

b022

1)従来オフコン・メインフレームで実現していた所要量計算処理を、パソコンサーバー上でいかに高速処理させるかという問題に関して、技術者一同知恵をふりしぼり、ベンチマークテストを約半年間繰返してチューニングを行いました。結果的には、当初想定速度の1.5倍のレスポンスが保証できるようになりました。
(2)”もっと在庫を減らせないか?”のお客様からの強い要望にお応えして、これまでの「製番システム」を超える仕組みとして「フレックス・チェーン生産方式」という新しい概念のロジックを埋め込みましたが、コンピュータ内部のプログラム構造が複雑となってしまい、今後のカスタマイズに耐えられない可能性がでてきました。そこで再度、基本設計段階にまで遡り、仕組みを見直して再構築を図りました。ここでも半年間以上の労力を費やしています。